女性の加齢臭と対策!なぜ身体は臭くなるのかに迫る

イメージ画像
化粧品ソムリエのススメ

夏といえば、海!太陽!そして汗!

薄着になる季節、汗もかきやすくなり体臭が気になりだしませんか?

そこで今回は、女性の体臭についてお話をしたいと思います。

化粧品ソムリエ:日々研究と新しい技術の勉強を重ね、本当に正しい美容の知識をお客様にお届けさせていただくミッションを持っています。

なぜ、身体は臭くなるの?

体臭は2つの汗腺から分泌される汗と、皮脂腺から分泌される皮脂が皮脂常在菌によって酸化、分解されることによって発生します。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。
エクリン腺はほぼ全身に分布しており、そのほとんどが水分です。

一方、アポクリン腺(臭気腺とも言われる)は、わきや耳の裏などの特定の部位にのみ分布しており、たんぱく質や脂質が含まれる粘性のある汗を分泌します。
実はこのアポクリン腺、男性よりも女性に多く存在します。

汗そのものに臭いがあると思われがちですが、実は汗そのものは無臭であり、分泌された汗が皮脂常在菌によって酸化、分解されることで臭いが発生するのです。

40代から気をつけたい、女性の加齢臭とは?

年齢によって変化する体臭として加齢臭がありますが、加齢臭は男性特有の悩みだと思っていませんか?

実は、加齢臭の原因物質は男女を問わず発生しており、女性にも加齢臭があるのです!
加齢臭の原因物質は、皮脂に含まれるノネナールという成分です。

このノネナールは20代、30代の皮脂にはほとんど含まれていないのですが、男性も女性も40代頃から急増しはじめます。

皮脂を分泌する皮脂腺にはいくつかのホルモンが影響を与えており、中でも男性ホルモンは皮脂の分泌を増加させる働きを持っています。

そのため、加齢によるホルモンバランスの乱れや閉経による女性ホルモンの現状なども、ノネナールの発生の促進に関与していると言われています。

まだ間に合う!対策と予防策

体臭の発生部位は、わきなどの汗や皮脂の分泌が盛んで、かつ皮膚常在菌の繁殖しやすい場所になります。

粘性のある汗を分泌するアポクリン腺が分布している部位は体臭がきつくなりやすいため、汗や皮脂が皮膚に長らくとどまらないように、常に清潔に保つことが大切です。

また、耳の裏や足の指の間などは洗うのを忘れやすい部位になりますので、身体を洗う際は洗い忘れがないよう全身が洗えているかチェックしてみてください。

ただし、気になるからといって身体を洗いすぎてしまうことは肌の乾燥を招き、余計に皮脂の分泌を促す要因になってしまいます。

体臭を改善させるには、表皮ブドウ球菌のような善玉菌を洗い流さないことが大切です。

そこで、身体を洗うタオルはナイロンではなく、目の細かい天然素材の綿生地やシルク生地を使用するとよいでしょう。たっぷりの泡で洗うイメージです。

毎日の生活から見直す

食生活の欧米化により血管内に蓄積したコレステロールが皮脂の分泌を増加させることで加齢臭が発生しやすい状況になっているとも言われています。

そのため、脂質の多い食事を控え、抗酸化作用が強いトマトや大豆、ほうれん草などを積極的にとるなど、バランスのよい食事を心がけることも加齢臭予防に繋がります。

食事以外にもホルモンバランスを整えるために適度な運動やストレス発散も大切です。

香りにも工夫を

加齢臭特有の臭いを感じにくくする香りとしてムスク系やウッディ系の香りよりもグリーン系やシトラス系の香りの方が効果的ですので、ぜひお試しください。

暑い日に負けずに気持ちのよい夏をすごしていきましょう♪

 

なま けいこ

「キレイになりたいけど、めんどくさいことは嫌!」 常にお得な美容情報を探している大人女子。

プロフィール

ピックアップ記事