乾燥と闘う40代の食生活!食べて欲しいもの、欲しくないもの

肌を気にする女性イメージ
乾燥肌

40代になると、ピンチ肌の兆しをヒシヒシと感じ始めるものですよね。ほうれい線が深くなってきたり、目元にちりめんジワが増えてきたり。なんとなくこれまでのコスメの乗りが悪くなったと感じる方もいるかもしれません。

そんなピンチ肌をケアするためには、外からのお手入れだけでは間に合いません。お肌は食べたもので作られています。ピンチ肌をなんとかしたい女性におすすめの食生活と、食べてほしくないものについてご紹介します。

40代からの素肌は乾燥との闘い

顔を隠す女性

40代になると、素肌は乾燥とのあくなき闘いの時代を迎えます。これから先は、どんどん乾燥してゆく肌をいかに潤いを与えるかがポイントになってくるのです。

ショック!40代の素肌は20代の素肌とこんなに違う

40代の素肌は、20代の素肌と何が違うのでしょうか。たとえば20代の頃は、シャワーを浴びても水玉になってお湯が転がり落ちるようではありませんでしたか?でもいつの間にか、身体がビッショリ濡れるようになってきましたよね。

頬のハリもツヤもあり、両手で頬をはさむと、両手に吸いついてプルプルするようだった肌は、いつの間にか全然手のひらに吸いついてこなくなり、弾力もあまり感じなくなってきますよね。

顔の輪郭や印象もシャープだったのに、いつの間にかぼんやりとしたイメージになり、そのくせ薄暗い場所だと陰影が強くつくようになる……そんな変化が、この20年ほどでやってきたのではないでしょうか。

より強く感じるのはメイクの時かもしれません。特にアイメイクの時に肌がすぐにへたって寄ってしまうので、アイメイクがしづらくなったり、ゴワっとした肌にファンデーションを塗ると、あっという間に皮脂浮きしたり。洗顔やメイク落としで洗っても、シワのすき間にコスメが残ってしまう事もありますよね。

40代の肌に起きていること

40代の素肌に起きているのは、長年の紫外線による影響や、乾燥による影響、そして活性酸素などによる老化が原因です。

紫外線のUV-Aは、長年にわたって肌の真皮にまで至り、コラーゲンなどの弾力層にダメージを与えます。また乾燥も、年間通して空調が効いている現代では季節のお悩みではなくなっています。さらに老化によって、肌の新陳代謝は活発さを失い、女性ホルモンの分泌も減ってきます。

そして女性の社会進出によって、女性が日々受けるストレスや仕事・家事などの疲れも大きくなっていることが考えられます。ストレスもまた、女性の身体と心を蝕む要因になります。近年では30代半ばから更年期のような症状を訴える女性も増えつつあります。そんな環境が、女性の肌を追い詰め、ピンチ肌へと導いていると考えられています。

素肌は内側から作られる!

内側にあるもの

女性の素肌は、内側から作られます。ターンオーバーを想像してみてください。表皮部分は、細胞が奥から生まれてどんどん表に押し出され、いずれは剥がれ落ちます。もっと奥には、コラーゲンで満たされた真皮層があるのです。

外から入れる美容成分は角質層しか届かない

外から入れる美容成分は、角質層までしか届きません。表皮の奥には浸透できないのです。もともと皮膚は外敵を内部に入れないための強力なバリアです。そうでなければ、海水浴で塩水に入ったら、塩水がどんどん身体に入ってきてしまいますよね。

コラーゲンやヒアルロン酸といった肌のプルプル成分をいくら外側に塗っても、真皮層まで届いて肌のコラーゲンが増えるわけではないのです。角質層をうるおい成分でがっちり埋めて、これ以上肌の水分が外に出ていかないよう、硬くなった角質層にうるおいを与えて、表面にできたシワをこれ以上深くしないよう、働きかけているのです。

本来のうるおいは身体の内側から湧き出してくる

本来、肌のうるおいは身体の内側から湧き出してくるものです。それを、角質層の最も外にある皮脂膜で逃げないように押しとどめ、フタをしています。その状態だと、子どもの肌のようにプルプルとみずみずしいのです。

しかし40代になると、角質層もかなり分厚くなっていて、内側から湧き出す水分が一番外まで届かなくなってきます。また汗や皮脂の量も変わってきて、汗と皮脂で作る皮脂膜も変質してきてしまいます。

角質層の天然保湿成分も食べ物から作られる

私たちのお肌の弾力やうるおいを封じ込めているのは真皮層と呼ばれる、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などで構成された部分です。ここは表皮のさらに奥にある場所になります。

コラーゲンやヒアルロン酸などは、私たちが食べたものから作り出すことができます。

皮膚の最も外側で角質層をみっちり埋め、水分の蒸発を防いで乾燥から守ってくれている細胞間脂質や天然保湿因子なども、食べ物から作り出されています。外からプラスすることもできますが、内側からも補給することでよりうるおいが強化されます。

そこで、40代からの見直したい、お肌のための食生活なまけ美活をご紹介していきます。前回ご紹介したタンパク質やビタミン類と合わせて、しっかり摂取していきましょう!

肌のうるおいを守る!セラミドを補給しよう

ここでワンポイント

肌のうるおいを守っているのは、角質層に存在する皮脂膜・天然保湿因子(NMF)・セラミドと言われています。肌のうるおいを守っている成分のうち8割を占めているのがセラミドです。

セラミドってどんなもの?

セラミドは、角質層の一番外側にある、レンガ状に積み重なった細胞と細胞のすき間をみっちり埋める、樹脂のような役割を果たす成分です。天然の保湿因子でもあり、セラミドが角質を埋めていると肌のうるおいが保たれ、水分蒸発を防ぎます。

しかし加齢とともに減ってしまう成分でもあります。セラミドが減ってしまうと、レンガ状の細胞と細胞の間がスカスカになってしまい、バリア機能が弱ってしまいます。その結果、外的刺激に弱くなり、敏感肌になってしまうのです。

セラミドはどんなものに含まれているの?

セラミドはいろいろな食べ物に含まれています。

・こんにゃく
・黒豆
・ひじき
・コーヒー
・黒ゴマ
・そば
・ゴボウ

といったように、黒い食べ物に含まれる傾向にあるようです。特にこんにゃくにはたくさん含まれているので、ダイエットのため、お腹の調子を整えるためにも、日々の食事に上手に取り入れたいですね。

ほかにも、オメガ3系脂肪酸と呼ばれる、DHAやEPAもセラミドの原料になります。体内で作り出せない不飽和脂肪酸で、血液サラサラ効果もあります。さんまやいわしなど青魚をよく食べるようにするとしっかり補給できますよ。

セラミドと一緒に摂ると相性が良い栄養素

セラミドの生成を促進させるためには、ビタミン類が必要です。特にビタミンB群のひとつ、ナイアシンを一緒に摂ると良いと言われています。ナイアシンは鶏肉やかつお、まぐろ、きのこなどに多く含まれています。ビタミンB群は、皮膚の健康に欠かせない成分なので、しっかり摂るようにしたいですね。

また、タマネギやカリフラワー、サトイモなどの白っぽい野菜を食べると、血行が良くなりセラミドが素肌に行き渡りやすくなると言われています。

もっとも多くセラミドが含まれているのはこんにゃく!こんにゃくときのこ、鶏肉やサトイモなどをお味噌汁にすると身体も温まりますよ!さんまとの相性も抜群ですね。
また、セラミドのサプリメントや美容ドリンクもあるので活用してみてもいいかもしれません。

肌のうるおいをキープ!天然保湿因子(NMF)を補給しよう

乾燥したお肌

肌のうるおいをキープしているのはセラミドだけではありません。天然保湿因子(NMF)がなければ、水分を留めておくことが難しくなるという、とても重要な成分です。

天然保湿因子(NMF)って何?

天然保湿因子(NMF)は、ひとつの成分で構成されているものではありません。アミノ酸が4割ほど、そのほかに乳酸塩や尿素、ミネラル塩類、有機酸などが低分子で入り混じって構成されています。アミノ酸もいろいろなアミノ酸が入り混じっています。

肌のうるおいは、セラミドが80%、天然保湿因子が17~18%ほどの割合で守っています。残りの2~3%が皮脂膜によるバリアです。

天然保湿因子(NMF)を増やすには?

アミノ酸が半分ほどを占めているため、やはりさまざまなたんぱく質をバランスよく食べることが重要です。皮膚の健康に欠かせないビタミンB群やビタミンC、抗酸化作用の高いビタミンEやお肌に欠かせないビタミンAもバランスよく一緒に食べるようにしたいですね。

お肉や魚、豆腐といったタンパク質と、緑黄色野菜を一緒に摂れるものといえばお鍋!またポトフやシチューなど、汁ごといただくメニューがおすすめですよ。

40代からの食生活で気を付けたいこと

乾燥やお肌のトラブルが気になる、ピンチ肌世代の食生活では、若いころにはパクパク食べても大丈夫だったものが、NGになってくることもあります。そんな大人の女性としてオススメできない食生活習慣についてもご紹介します。

ファストフード・油で揚げてあるインスタント食品など

炭水化物と脂肪分が多くて、新鮮な野菜が少ないという特徴があります。炭水化物は、イコール糖分。つまり「脂肪」と「糖」のかたまりなのです。こういったものばかりで食事を済ませてしまうと、新鮮な野菜や果物を食べる機会が減ってしまい、血行不良や新陳代謝の乱れを引き起こす可能性が高くなります。

また、塩分が高く、ものによっては合成食品添加物もたくさん含まれています。合成食品添加物のなかには、細胞分裂や肌の新陳代謝に必要な亜鉛やビタミン類の吸収を阻害するものもあるんです。

特にこれからの年齢で注意したいのが塩分。血圧を上げ、むくみの原因にもなります。塩分の摂りすぎには充分に注意したいですね。

コンビニのお惣菜などを上手に活用しましょう。野菜サラダやフルーツを切っただけのものなど、上手に食事に盛り込むと、必要な成分もしっかり摂れます。タンパク質が多く脂肪分が少ないものなら、サラダチキンなどもオススメです。

スナック菓子や甘いお菓子類

スナック菓子や甘いお菓子類、無性に食べたくなってしまう時もありますよね。しかし、こうしたお菓子類には、多くにトランス脂肪酸が含まれています。さらに精白糖を多く使用しているので、糖化やビタミン不足の原因になり、コラーゲンなど保湿成分の生成の邪魔になってしまうこと、肌荒れの原因になることも考えられます。

おやつにはナッツ類やヨーグルト、無添加のドライフルーツなどがおすすめです。

スナック菓子や甘いお菓子類をどうしても食べたい!という時は、ミニパックを食べましょう。ストレスが解消され、罪悪感を覚えずに済む「適量」を見つけておきたいですね。

最近話題になっているのはシンバイオティクス

研究者の女性

最近は、腸内環境を整えることで肌の状態を美しく保つという方法も注目を集めています。なかでもシンバイオティクスは、元気な善玉菌を腸内まで届けるプロバイオティクスと、オリゴ糖や食物繊維など善玉菌のえさになるプレバイオティクスを一緒に摂り、より腸内環境にしっかりアプローチするという方法です。

やり方はとっても簡単!たとえばヨーグルトにオリゴ糖とフルーツをプラスするだけでもOKなんです。一緒に全粒粉パンや玄米フレークなどを食べると、しっかり朝ご飯ですね。

ストレスをためずに季節の美味しいものを楽しもう

いろいろな野菜や果物、タンパク質をバランスよく食べるようにしようと心がけ、無理を続けていると、それだけでストレスになってしまうものです。それではなまけ美活とはいえません!

無理せずに、ドリンクやサプリも利用して

ムリなく、楽しく、「ながら」でやってもしっかり美活できちゃう、それがなまけ美活です。特に食生活の改善はとても大きなことです。毎日遅くまで働く女性や、子どもや夫の食事が先決になってしまう女性にとって、自分の美活のためだけにメニューを考えることは難しいでしょう。

そんな時は、オールインワンでいろいろな美容成分を補える、美容ドリンクやサプリメントに頼ってしまいましょう。最近ではさまざまな美容ドリンクがキャンペーンを張り、初回はお得にお試しできるものが多いので、自分に合ったものを選ぶこともできますよ。

外からも足せるけれど、やっぱり内側からが大切

セラミドや天然保湿因子などは、美容液などでも外から補うことができます。でも、内側から湧き出るものがあることと、枯れてしまっていることでは大きな違いが出てしまいます。

特にシワやたるみは、外からはアプローチが難しい真皮や表皮の奥などに原因があることもあります。

また女性の素肌をピンチ肌に変える紫外線は、スキンケアでは届かない真皮層の奥にまでダメージを与えます。

美肌、美活というとどうしても外側から「入れる」ことに一生懸命になってしまいますが、ヒトは本来、新陳代謝で新しい自分へと生まれ変わっていくものです。できる範囲で構いません。ビタミンACEやタンパク質、セラミドなどをほんの少し意識して、内側から輝く「うつくしいひと」を目指したいですね。

なま けいこ

「キレイになりたいけど、めんどくさいことは嫌!」 常にお得な美容情報を探している大人女子。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧