乾燥を絶対に弾き飛ばす!冬に向けての保湿ケア

冬のお出かけイメージ
乾燥肌

紫外線とエアコン乾燥にさいなまれた夏肌を一生懸命保湿しているうちに、季節は秋から冬へと変わっていきます。秋の長雨、秋の台風シーズンが過ぎ、お肌にうるおいが戻ってきたとホッとしたのもつかの間、あっという間に木枯らしが吹いて、本格的な乾燥シーズンの到来です。

そんな冬の乾燥からピンチ肌を守るために、木枯らしシーズンのダメージを吹き飛ばす最強保湿のなまけ美活をご紹介します。

冬だって紫外線が降り注いでいる!紫外線ケアは忘れないで

照りつける太陽

冬はとっても寒いので、温かい日差しが降り注ぐ晴れの日はありがたいですよね。でもそのありがたい日差しが、ピンチ肌には大敵なんです。

冬の紫外線、気にしていますか?

冬場は夏よりも紫外線が落ち着くと言われています。熱中症の心配もなくなるので、紫外線の情報もニュースなどで見なくなります。そのため、紫外線の心配はなくなったように感じてしまいますが、実は大間違い!冬こそ紫外線に気を付けなければならない季節なのです。

冬は暑くないので、つい「ちょっとくらい大丈夫よね」と考えがちですよね。晴れると嬉しくて、つい布団を干したり大洗濯をしてしまったりしがちですが、その間もずっと紫外線はお肌を刺激し続けています。

心地よい日差しには、UV-Aが含まれています。夏のサンバーンを引き起こしたり、スキー焼けを引き起こすのはUV-B。いわゆる「レジャー紫外線」といわれるものとは異なります。

UV-Aは生活紫外線と呼ばれます。UV-Bは日差しを浴びるだけで「暑い、痛い」と感じますし、その日のうちに火傷のような症状や痛みがひどくなりますよね。でもUV-Aはそんな痛みを感じることはありません。

でも、より危険なのはUV-Aなのです。サンバーンを引き起こすUV-Bは表皮の浅い場所で散ってしまうのですが、UV-Aは肌の奥の方まで入り込みます。

皮膚は何重にも重なっている2~3mm程度の組織です。表皮はたった0.2~0.3mmほどしかありません。そしてその下には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンのようなうるおい成分でできたプルプルの真皮層があります。

真皮層の最奥には、うるおい成分のもとになる線維芽細胞が存在しているのですが、なんとUV-Aは真皮層にまで達して、うるおい成分の細胞にも傷をつけてしまうのです。

紫外線によって傷ついたコラーゲンをそのままにしておくと、ヒビが入って深いシワの原因になることもあります。

冬のUV-Aは夏の半分くらいの量ではありますが、冬場はUVケアをしない人が多いので大変危険なのです。また寒いので、温かな晴れた日ほど外出する時間は長くなりますよね。

冬の紫外線対策は保湿&UVケアでなまけ美活

冬の紫外線対策は、保湿が最重要課題です。保湿がしっかりしていると、肌のバリア機能がきちんと働くようになります。逆に乾燥したままの肌はバリア機能が弱く、紫外線の影響をもろに受けてしまいます。

紫外線の影響は紫外線の降り注ぐ量や日差しの強さにも左右されますが、素肌の乾燥具合によっても大きく違ってきます。カサカサに乾いたバリア機能の働かない肌だと、夏よりも深刻に影響を受けてしまう可能性もあるのです。

冬の紫外線対策は、まずお肌の保湿です。肌の自然なバリア機能を復活させたあと、さらにUVクリームを使いましょう。

UVクリームは、夏用の強いものを使う必要はありません。生活紫外線を防ぐ機能はPAのプラスの多さで表されます。PA値があれば、SPFは20前後でも大丈夫ですよ。あまり強いものは、ダブル洗顔でなければ落ちないので、冬場は使用を控えましょう。

現在は冬用のUVカット帽も販売されています。さらにサングラスも使用することで、メイクの負担を軽くし、お肌の紫外線もカットすることができますよ。

車の運転をするという方は、手の甲だけの短いハンドカバーもあります。車内エアコンの乾燥を防ぐためにも、日焼け防止のためにも使っておきましょう。

冬の紫外線対策
冬の朝はしっかり保湿をしてから軽めのUVクリームでお肌を乾燥から守りましょう。面倒な場合は帽子やサングラス、ハンドカバーでばっちりガード!

冬の洗顔は刺激禁物!

秋から冬にかけてはファッションも華やかですよね。ハロウィンやクリスマスなどのイベントや、飲み会なども増えてついメイクにも気合が入ってしまうものです。でも、冬の洗顔は刺激厳禁!コスメも洗顔能力を考え、落としやすいものを選びましょう。

冬場の洗顔はより気をつけよう

秋から冬にかけて、どうしてもメイクが派手になってしまう、という女性は少なくありません。渋谷の交差点を埋め尽くす若者ほどではなくても、ついファッション誌に触発されて、秋の新色を試したくなってしまうのは、大人女子だって同じです。

でもセンシティブなピンチ肌を抱えた女性は、洗顔を一日何度もしすぎるとピンチ肌をますます崖っぷちに追いやってしまうことにつながります。

メイク落としは、油分の強いウォータープルーフのアイメイクやリップ、マスカラなども落とせるように、油分落としに長けた洗剤を使用しているものがたくさんあります。

実は私たちの肌を覆っている天然の保湿成分、皮脂膜も油分。メイク落としの種類によっては、皮脂膜もごっそりと落としてしまう可能性もあるのです。

メイク落としですっかり最前線バリアを失った肌に、殺菌能力も備えた洗顔料を使ったら、素肌にもダイレクトに強い成分が触れることになります。

皮脂膜の下にも角質層が幾重にも重なって素肌を守っているのですが、冬場は乾燥してバリア機能が低下しています。

さらに最近は冬場にインフルエンザやノロウイルス感染症などが流行するため、洗浄剤全体の殺菌能力が強くなっていると言われています。

そのため、洗顔のしすぎはピンチ肌のか弱いバリア機能はますます傷めつけられ、乾燥がさらに進んでしまうのです。なかなかメイクが落ちず、ゴシゴシ洗うと摩擦による刺激で余計に肌のダメージが進んでしまいます!

また1本でメイクも洗顔もできるという洗顔料は、強いメイク落とし成分が配合されています。顔を洗った後にかさかさ突っ張り、すぐに皮脂が浮いてくるようなら強すぎるかもしれません。

できるだけお肌に優しいUVケアから化粧下地・ファンデーション・アイメイクなどを使用し、肌に負担のない大人のメイクで魅力を見せつける作戦に切り替えてくださいね!

冬のコスメ&洗顔
できるだけお肌に優しい洗顔石けんとクレンジングをおこない、肌に負担の少ないコスメを使用することを徹底しましょう。また、ゴシゴシ洗いをすることは間違ってもしないようにしましょう。

冬のスキンケア

美活

冬場は乾燥との闘い!ということは、スキンケアがとても重要になってくるということですね。とにかくたっぷり水分を与えて閉じ込めたいのがピンチ肌のスキンケア。では冬場はどんなお手入れが必要なのでしょうか。

冬場はパーツごとのお手入れを重視しよう

冬場は、皮膚が薄い場所や粘膜がそのまま露出している場所がさらに乾燥し、ダメージを受けやすくなります。もっとも注意したいポイントを挙げましょう。

・目元
・口元
・唇

冬場の目元のシワを防ぐ

目元はシワが集中的にできやすい場所です。目元は特に皮膚が薄くて乾燥しやすいにも関わらず、アイライナーやアイシャドウ、マスカラなどの落としにくいコスメを良く使う場所。一層ケアを重視しなければなりません。

目元のコスメがどうしても落としにくかったら、肌に刺激の少ないメイクリムーバーをコットンに含ませ、軽く乗せてパックしてからこすらないように落とします。シワの間に挟まっているコスメも、シワをのばしてきちんとオフしましょう。

それからお風呂でたっぷり蒸気を浴び、それでも足りなければ温かなタオルでアイマスクをして血行を促進させます。目元が充分うるおい毛穴が開いたら、化粧水が入らなくなるまでなじませ、目元美容液を目元全体に与えます。仕上げはアイクリームでしっかり水分にふたをしましょう。

冬場の目元ケア
冬場はタオルでホットマスクをして、血行をアップ&毛穴を開いてから化粧水を入れましょう。その後、目元美容液やアイクリームで薄い皮膚のちりめんジワをシャキッと目覚めさせるように浸透させていきます。

冬場の口元をなめらかに

口元

冬場は口の周りに粉をふいたり、ほうれい線がビキビキとシワっぽくなってきたりと困ることも多いですよね。口周りは化粧水をたっぷり入れたあと、化粧水を含ませたコットンを貼って上からラップをし、パックをしてあげます。口と鼻を同時にふさがないように注意してくださいね。

うるおったら、ほうれい線を押し上げるように美容液をつけていきます。気になる部分には早めにクリームでフタをしてあげ、口元周りの血行を促進する運動を行い、ほうれい線をリフトアップするクセづけをはじめましょう。

粉ふき肌やほうれい線のたるみが進む季節!化粧水を染み込ませたコットンのパックと、美容液やクリームを塗る時のリフトアップでたるみを撃退していきます。

冬場のリップをぷるぷるに

冬場は唇が荒れてしまいますよね。皮がむけてくるとリップの乗りも悪くなり、ムラになってしまいます。また乾燥は年齢を感じさせる唇の縦ジワの原因にもなるんです。

唇は粘膜と肌の境界です。そのため普通の肌にある毛穴や皮脂腺がないため、うるおいバリアも作られません。食事などで刺激を受けることも多く、濡れたり拭いたりの繰り返しもあります。角質も少ない上に摩擦がしょっちゅう加えられ、さらにリップコスメで刺激も受けています。

こうやってみると、唇はとっても頑張っていますよね。可哀想にすらなってきます。まずは汚れからオフしていきましょう。

お風呂に入ったら、蒸気の中で砂糖を使ったシュガースクラブでマッサージします。ガサガサに向けてしまっている唇も、シュガースクラブでケアすると一皮むけたようにつるすべになりますよ。

それから、天然の蜂蜜でパックをします。販売されている蜂蜜の中には、食品添加物が入っているものや糖蜜で薄められているものもありますが、パックには天然の無添加蜂蜜でなければ効果がありません。できれば国産か、厳しい検査基準をクリアした欧米・オーストラリアなどのものを選びましょう。

蜂蜜を唇に塗って、その上からラップをします。そのまま湯船に浸かって5分間待ちましょう。はがすと、唇が驚くほどぷるぷるになっていますよ。

それから、唇にも化粧水や唇専用美容液などのケアを行い、保湿性の高いリップなどでケアをします。夜寝る前もしっかり塗っておきましょう。

あまりに唇の荒れがひどい場合は、ワセリンと純粋な蜂蜜を混ぜたリップバウムをその都度作り、唇に塗って寝ます。夜寝ている間に蜂蜜パックができますよ。

冬場はどうしても唇の荒れが気になってしまうという方は、冬場だけでも唇に優しい処方のリップを普段使いに選ぶことをおすすめします。リップの本格メイクは、ここぞという勝負時にだけとっておきたいですね。

冬場のリップケア
どうしてもガサガサにむけてしまったら、シュガースクラブと蜂蜜パックでぷるぷるを取り戻しましょう。コスメも保湿優先で肌に優しいものをチョイス!

乾燥に負けない!秋冬のピンチ肌は紫外線&ポイント保湿で守る

秋冬にかけて乾燥が強くなってきても、ピンチ肌の保湿のコツさえつかんでおけば、うるつや素肌をキープすることができます。面倒そうに見えるお手入れも、なまけ美活ポイントを知っているだけで断然違ってきますよ!お風呂のついで、テレビのついで、ネットチェックのついでにひと手間加えて、年齢を感じさせない素肌を保ちましょう。

なま けいこ

「キレイになりたいけど、めんどくさいことは嫌!」 常にお得な美容情報を探している大人女子。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧