40代からは乾燥世代!肌のお手入れを見直すタイミング

鏡を見て悩む女性イメージ
乾燥肌

40代からのピンチ肌のネックとなっているのは、肌の乾燥です。若いころの素肌は、シャワーを浴びても水をはじき、水玉になってキレイに流れていきますよね。ほっぺたを押しても、内側からの弾力でプリプリしています。

一方、ピンチ肌になると、イマイチ肌のハリが感じられなくなってきます。顔の輪郭がぼんやりとしてきたり、目がタレ目、口がへの字口になったり。ほっぺたを押しても内側からの押し返しが少なくなって、代わりにかさついた感触が手のひらに残ったり……。

そう!40代からのピンチ肌に必要なのはうるおいなのです。これまでと同じスキンケアをしていては、水分不足から加齢やシワ・たるみなどが進んでしまうかもしれません。ピンチ肌を救うために、肌のお手入れ方法を見直してみましょう。

40代からは多くの女性が乾燥ピンチ肌

鏡を見る女性イメージ

40代からの女性の素肌は、多くが乾燥からピンチ肌になっています。それはどうしてなのでしょうか。

多くの成分が素肌から減ってしまうことで乾燥につながる

加齢によって、また長年太陽のもとで生活してきた紫外線ダメージによって、素肌は表面から奥に至るまでさまざまな場所がダメージを受けています。

たとえば皮脂の分泌量が少なくなると、その結果、皮膚の表面が空気にさらされ、水分が乾燥しやすくなってしまいます。

また角質層の角層細胞をくっつけ合い、ラメラ構造で水分を閉じ込めていた最強の保湿成分、セラミドもぐんぐん減少していきます。

セラミドが減ってしまうと、ラメラ構造が崩れて、角質層の水分と油分のバランスが崩れます。すると角質細胞間脂質という皮膚の最前線で乾燥から皮膚内部を守っていた成分が、スカスカになってしまいます。

スカスカになった角質細胞間脂質は、肌の水分を閉じ込めておくことができなくなります。その結果、やはり乾燥が進んでしまいます。

角質層にある角層細胞の中で水分をしっかりキープしている天然保湿因子も、年齢とともに減少する成分です。

女性ホルモンも減少してきて、ターンオーバーのタイミングも崩れてきます。すると剥がれ落ちるべき角質がどんどん溜まって、分厚くなってしまいます。その結果、いつも皮脂膜で守られ、表皮部分から湧き出す水分で潤っていた角質層は、水分が行きわたらなくなり、水分量が減ってしまうのです。

乾燥してしまった素肌に起きること

乾燥している肌

乾燥してしまった素肌には、さまざまなピンチが訪れます。まず乾燥から敏感肌になり、髪が触れただけでもかゆくなったり、湿疹などのトラブルが起きることもあります。

さらに水分を失い乾燥した素肌は、キメが乱れてしまいます。角質が厚くなり、くすんできたり毛穴が目立ってきたりします。

目の周辺や口元など、よく筋肉が動くのに皮下組織が薄く、皮膚自体も薄くなっています。そのため、ちりめんじわができやすくなります。

皮膚は角質層の下に表皮というターンオーバーを行う部分があり、その下にコラーゲンなどの弾力組織が存在しています。どんどん水分が乾燥していくと、よく表情じわが寄る目尻や唇の周辺やおでこには、コラーゲンにひびが入るなどして深いシワが刻まれてしまいます。

乾燥肌にもいろいろある

乾燥肌といっても、その状態はさまざまです。

一般的な乾燥肌…保湿成分の減少や紫外線・乾燥などが影響
インナードライ肌…肌のバリア機能が低下。表面はべたつき、内側が乾燥している
老人性乾燥肌…加齢によって皮脂の分泌が減少した状態。身体も乾燥が進む
アトピーによる乾燥肌…ドライスキンという肌が乾燥しやすい因子を持ち、バリア機能が低下しアレルゲンが入りやすい

特にピンチ肌世代が気にしたいのは、一般的な乾燥肌とインナードライ肌です。

インナードライ肌は、過度の洗顔や紫外線によるダメージが強いと起こる状態で、皮脂が異常にたくさん分泌されます。洗顔したすぐ後にべとついてくることもあります。

また肌のターンオーバーのタイミングが早くなってしまい、角質層が未熟なまま外界に触れるようになります。そのため、肌のバリア機能が低下し、べたつく肌の下に乾燥肌が眠っている状態になるのです。

ピンチ肌世代からは保湿に気を配ろう

そろそろピンチ肌かな、と感じるきっかけはいろいろあります。

・ファンデーションを塗る時、肌がよれるような気がする
・ファンデーションが皮脂浮きしなくなった
・ファンデーションが異常に皮脂浮きしはじめた
・いつもと同じ洗顔料なのに顔がつっぱるようになった
・10年前の写真と目口の位置が違う
・ほうれい線やゴルゴ線など、顔に線が入るようになった
・暗めな部屋で鏡を見ると陰影でギョッとする
・笑った後などにシワがしばらく寄ったまま戻りが悪くなった
・顔の肌に触れるといつも冷たい

まだまだ人によって感じることはさまざまなのですが、一例を挙げてみました。こういった異常に気付いたら、ピンチ肌のためのスキンケアへの切り替え時といえるでしょう。

これまで信頼してずっと使い続けてきたスキンケア・コスメなどに違和感を覚えたら、肌の方が変化しているサインです。年齢に合ったスキンケアに変えてみてもいいかもしれません。

保湿スキンケアを見直そう!ピンチ肌のためのお手入れ

ピンチ肌を整えるためにまずしなければならないこと、それは保湿です。年齢にかかわらず、健やかで美しく、自らを守る力を秘めた素肌はうるおいに満ちているものです。

基礎化粧品イメージ

ピンチ肌世代はどこを保湿するべきなの?

では、ピンチ肌に悩む世代の女性は、お肌のどの部分を保湿するべきなのでしょうか。お肌は底の方からコラーゲンなどの弾力層である真皮、ターンオーバーの舞台である表皮、死んだ細胞が積み重なっている角質層からできています。

「肌にはコラーゲンが必要だから真皮?」「やっぱりターンオーバーが大切だから表皮?」と思われるかもしれませんが、実は違うんです。

ピンチ肌世代も、若い世代も、さらに年齢を重ねた女性も、乾燥ケアをするべき場所はみんな同じ。それは角質層なのです。

それには2つ理由があります。

1, 角質層が最前線で乾燥から皮膚を守っているから
2, スキンケア成分は角質層までしか浸透しないから

角質層は、素肌の最前線で乾燥から皮膚全体を守っている場所です。そして、スキンケア成分は「肌の奥まで浸透する」と書いてあることが多いのですが、実は「肌の奥」とは「角質層の中」という意味なのです。

ヒトの肌の一番表側にある角質層は、その表面を皮脂膜で覆われ、さらに内部を角質細胞間脂質という油分が埋めているため、肌内部の水分の乾燥を防ぎ、水分量が一定に保たれるようになっています。

しかし年齢によって角質のバリア機能となっていた成分が減少してスカスカになるため、角質層が本来持っている保湿力が失われて、そこから「乾燥によるさまざまなトラブル」が起こるようになります。

つまり保湿をしてコンディションを取り戻すべきは角質層であり、市販されているさまざまなエイジングスキンケアも角質層をうるおすために存在している、ということです。

角質層をうるおすことで肌のピンチは脱出できるの?

角質層をうるおしただけで、肌内部で起きているターンオーバーの不調やコラーゲン等保湿成分の減少をすべて食い止めることはできるのでしょうか。

答えは「NO」です。

でも、角質層を的確にうるおし、常にうるおい素肌を保つことで、肌のターンオーバーのタイミングを本来のものに近づけたり、表面に現れやすい小じわやたるみを引き締めたり、化粧のりの良さや血色の良さを取り戻すことは不可能ではありません。

ピンチ肌から脱出するには角質層を的確に、コツコツうるおし続けることと、身体の健康そのものから見直すこと、2つの視点からケアしていく必要があるのです。

肌をうるおすということは角質層をうるおすこと。エイジングにはコツコツ角質層をうるおすお手入れを続けることと、健康そのものを見直すこと、2つが同時に必要なのです。

ピンチ肌におすすめしたい!うるおいなまけ美活

顔を保湿する女性イメージ

それではピンチ肌におすすめしたい、うるおいをしっかりキープするためのなまけ美活をご紹介していきましょう。

素肌の3大保湿パワーや美肌菌のチカラを伸ばす

基本的には、素肌が本来持っている保湿成分である皮脂膜・角質細胞間脂質・天然保湿因子の3つの働きを活性化し、肌にもともと存在する美肌菌の持っている美肌パワーを伸ばしてあげることが必要です。

クレンジング・洗顔はこすりすぎず、ぬるま湯で

素肌本来の3大保湿成分と美肌菌の働きを阻害しないためには、「洗いすぎない」ことが大切です。メイク落としは目の周りや唇など、お化粧が濃く肌が弱いパーツごとに優しく乗せ、ゆるませてこすらず落とします。

洗顔は泡を立てて薬指で円を描くように洗い、手のひらに受けたぬるま湯で髪の根元やシワの奥までしっかりと洗い流しましょう。

メイク落とし・洗顔料は成分が強いものを避け、素肌に優しいもの、油分やうるおい成分を必要以上にはぎとらないものを選びましょう。

ゴシゴシは絶対にダメ!ガーゼタオルで水分を吸い取って

お日様の匂いのするタオルで思いっきり顔をゴシゴシ!気持ちいいですよね。でもピンチ肌には御法度です。

女性の肌は非常にセンシティブなうえ、ピンチ肌はさらに刺激に対して敏感になっています。タオルによるゴシゴシ刺激を与えると、余計に乾燥やシワなどを引き起こす原因になったり、メラニン色素の沈着のもとになったりしてしまいます。

顔を洗ったら、ガーゼタオルなどを顔にそっと押し当てて、水分だけを優しく吸い取りましょう。赤ちゃんのお腹を洗い、拭くようなイメージで、自分の顔を扱ってあげてくださいね。

タオルドライの後は速攻で化粧水をイン!

タオルドライをしたら、速攻で化粧水をお肌に入れましょう。顔を洗って表面の油分が取れた瞬間から、素肌の乾燥は始まっています。

化粧水は水分の補給と保湿成分を補うことが目的です。化粧水を肌に浸透するだけ与えたら、それ以上は浸透しません。逆に蒸発とともに肌の水分を奪うので、急いで次のスキンケアに移ります。

油分・栄養分は美容液やクリームで補う

エモリエント効果を生むセラミドなどの上質な油分やビタミンC誘導体などの栄養分は、美容液やクリームで補います。せっかく化粧水で補った水分を蒸発させないように、手早く、しかしこすったり余計な圧迫を与えたりしないように素早くケアしましょう。

スキンケアに大変な時間をかける方がいますが、あまりたくさんの水分を与えても肌は吸い込むことができません。油分や栄養素を与えすぎても、ニキビや吹き出物、肌質に合わないことによる炎症などの原因になることが考えられます。

スキンケアは手早く行うことで、肌への負担も水分の蒸発も最低限に抑えることができます。また基礎化粧品を使う量は、適量を守るようにしましょう。

時間がある時にフェイスマスクでゆったりスパ気分

シートマスクでパックする女性イメージ

時間がある時にフェイスマスクでうるおい補給をすることもおすすめです。フェイスマスクは乾燥しない5~10分で引き上げることがポイントです。長々とすればするほどよい、というものではありません。

いつも使っていて気に入っている基礎化粧品があれば、ドライマスクを購入して化粧水をたっぷり含ませ、マイマスクを作ってみてもいいですね。その場合はアレルギーなどの不安もないので気軽にできます。

今まで使ったことがないメーカーのマスクをお土産やプレゼントなどでもらったという場合、海外のものは特に、一度腕の内側など肌が柔らかいところでテストをしてみて、赤味や炎症が起きないかをチェックしてから使いましょう。

過剰なお化粧は避け、紫外線対策や落としやすさ重視に移行を

お化粧も変えていきたいところです。過剰なアイメイクなどをすれば、それだけで肌の負担になりますし、オフすることもさらに負担になります。

ピンチ肌を実感するようになったら、紫外線対策とオフのしやすさを重視し、肌に負担をかけないコスメを選ぶ方向にシフトしていくと良いでしょう。

食生活や睡眠リズムも気を付けて!体調も整えよう

食生活や睡眠リズムなどにも注意を向けるようにしていきましょう。これまでのような無理はきかなくなりますし、基礎代謝が落ちてくるため同じものを飲食していても太りやすくなります。

特に女性は糖質が多くタンパク質が少なめの食事内容に偏りがち。高タンパク低カロリーで、野菜・炭水化物・良質な植物性の油をなるべくバランスよく食べるように心がけていきましょう。

睡眠は肌のターンオーバーなどもつかさどる成長ホルモンに大きく関わります。夜更かしやベッドの中でのスマホはやめて、質の高い睡眠をとりましょう。

まずは保湿、そして手早くがポイントです。お化粧も落としやすく肌に優しいものを選び、ケアのときもオフのときも摩擦しないことを心がけましょう。

今までのお手入れでは水分不足!40代から見直して欲しい保湿スキンケア

肌を気にする女性イメージ

これまでのお手入れ方法や生活習慣では、どんどんピンチ肌や老化が進んでしまいます。40代に入ったら、いろいろな部分に年齢を実感させるトラブルも起きてくるもの。これをきっかけに、生活習慣をはじめ保湿ケアも見直してみましょう。

なま けいこ

「キレイになりたいけど、めんどくさいことは嫌!」 常にお得な美容情報を探している大人女子。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧